横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

『電子書籍の衝撃』 佐々木俊尚

『電子書籍の衝撃』 

佐々木俊尚



電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)/佐々木 俊尚

¥1,155
Amazon.co.jp



キンドルに続き、アップルiPad 登場


本はいかに崩壊し、いかに復活するのか?



【読書感想文】

・表紙の指は写真です

・指でタッチしても表紙はめくれませんよ!

・衝撃

・見たほうがはやい
   ↓ ↓
 http://www.youtube.com/watch?v=tr4tPr2rDsw

・ね!



【まとめ】


①書籍の未来


セルフパブリッシング


電子ブックは単なる本の販売所ではなく
巨大な知的空間の生態系をつくりあげるシステム



「アマゾン・デジタル・テキスト・プラットフォーム」


誰でも電子ブックの書き手になれる時代が到来




プロモーションはどうするか?

マーケティングの新しい潮流


WEB上に古い本を3冊無料公開しておく

新刊は有料
読みたい人だけがお金を払う

さらに新刊がでたら、
前の新刊は無料で読めるようにする

facebookやブログで紹介してくれたら
新刊を無料で読める






②「出版文化」の幻想


・ニセ金化問題


1、出版社 →(新刊を卸す)→取次

2、出版社 ←(委託金)←取次

3、出版社 ←(売れなくて返品)←取次

4、出版社 →(返金)→取次



その返金分を相殺するために


1、出版社 →(新刊を卸す)→取次


に戻る


自転車操業、負のスパイラル状態


本を貨幣代わりに刷りまくる





◎本が売れないの原因

 →本というコンテンツを流通させるプラットフォームの劣化

  取次は本を見る目がない
  売れなければ返せば済む商品だから

  本と読者をマッチングモデルの劣化
  読みたい本をみつけることができない

  日本の本の流通は雑誌を中心にして発展してきたシステム



◎若者は活字離れしていない

 →むしろテレビ世代の50代が活字離れ






③出版社、書店の未来


■出版社


・スモールビジネス化
・360度契約


少数で、機動力豊かに、有能な書き手を発掘し、
育て、大きな舞台に送りこんでいく


巨大なプラットフォームである
アマゾンやipadと書き手を結ぶ電子ブックディストリビューター





■書店


良い本と出会う空間、コミュニティの中心地となって
自らをソーシャルメディア化していく


コンテキスト(文脈)が必要


例)往来堂書店






マスモデルに基づいた情報流路、記号消費から

ソーシャルメディアが生み出すマイクロインフルエンサーへ


多くのマイクロインフルエンサーと

無数のフォロワーが織りなす未来の本の世界