横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

『脱サラ農業で年商110億円!』鈴木誠


『脱サラ農業で年商110億円!』

鈴木誠


脱サラ農業で年商110億円! 元銀行マンの挑戦/鈴木 誠

¥1,575
Amazon.co.jp



ゼロから起業し、6年で年商110億円を達成した

男が明かす「儲かる農業」の仕組みとは?



【著者略歴】

鈴木 誠
株式会社ナチュラルアート代表取締役。

昭和41年青森県生まれ。

慶應義塾大学商学部卒業後、
昭和63年東洋信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)入行。

本店営業本部にてベンチャー投融資、上場関連業務担当、
野村證券・企業部への研修派遣などを経て、
平成10年同行を退社。

平成12年慶應義塾大学大学院経営管理研究科(ビジネス・スクール)修了後、
日本ブランド農業事業協同組合の設立に参加し、初代事務局長に就任。

平成15年3月に株式会社ナチュラルアートを設立、
農畜産物等の生産・加工・販売、農業経営のコンサルティングを行っており、
設立7年目にして、年商110億円の企業に成長させた




【読書感想文】

・結局は、取り組む人間の熱意とビジネス力で結果が決まる

・ビジネスケーススタディとしてもよし

・自己啓発書としてもよし

・戦略の教科書としてもよし

・表紙の著者の写真、Tシャツがプーマなのもなおよし

・銀行出身者はつわものが多いなぁ、、、





【まとめ】


①経営は奇跡の連続


背景には多くの人の協力に基づいた奇跡の連続がある

経営にしろ、農業にしろ自分ひとりの力では何もできないのだ


感謝の心

毎朝神棚に手を合わせてから仕事を始める

毎年6~7回はお伊勢参りにいく



志の時代

幕末の志士のような結びつき

やらなければいけないという志

on the same boat

同じ船に乗って大海原に航海に出る覚悟で事業に取り組む





②ラーニング・バイ・ドゥーイング


為すことによって学ぶ

肉付けは物事を進めながらやっていけばいい


最初の段階では考えていなかったことでも、
やっているうちに新たに思いついたことを肉付けしていけばいい





③戦略


◎ポートフォリオ戦略

安定の鍵を握る

分散投資



◎バリューチューン・マネジメント(マイケル・E・ポーター提唱)


製造、物流、販売・マーケティング、アフターサービス
各プロセスにおいてバリュー(価値)を付加していくのが企業活動

川下まで付加価値をつけていく




きゅうりであればまっすぐな方が箱詰めしやすい
ひと箱に入る本数が多くなり、運送コストが下がる
規格外品をお金に変えられたら農家は収入アップできる
曲がったキュウリは農家にとって埋蔵金




◎戦略的CSR

=本業そのものが社会貢献でなければならない


これからの企業は、CSR活動と事業戦略を一体化することで
新たな競争優位性を手に入れることができる



◎理念を可視化する

なちゅらるあーと1号店

直営店






◆100年続く経営


「儲ける」という字は「人を信じる者」と書く

信頼関係をもとに生まれてくるのが
利益だということを示している



◆努力と覚悟

自己満足は成長を阻害する
未来を切り拓く人は現状に満足などしない



学問の差とは努力の差


世の中で名を成している成功者

誰もがストイックで
その状況を長く継続できた

短期間必死で頑張ることは誰でもできる

5年、10年、20年、30年と一生続けていくのは
簡単に真似できない




経営や人生は予測できないことが起こる

すべてを予見することはできない

事前にできるたったひとつのことは
絶対にあきらめないという覚悟をすること




◆「大峯千日回峰行」満了 塩沼亮潤大阿闍利


人生はつまるところ、
人を怨まない、人を憎まない、人のせいにしない覚悟を持つことが出発点だ

現実を受け入れ、愚痴らず、精一杯生きること。

そこから道は拓けていく。

与えられた環境のなかで深く感謝し愚痴を言わず最善を尽くす。

それには忍耐や努力、ときとして苦しみも必要になるかもしれないが
己の心は己の力でしか変わらない