横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

『600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス』 上阪徹

『600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス』

上阪徹




600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書)/上阪 徹

¥798
Amazon.co.jp



【クックパッドとは?】


→600万人の女性を虜にする日本最大の料理サイト


http://cookpad.com/



【本書より】

1998年に始まったクックパッドのレシピ検索サービスは、
今や600万人以上が利用する巨大サイトに成長した。

一般のユーザーがレシピを検索するだけでなく、
投稿して自分のレシピを公開することもできるのが大きな魅力。

特に若い女性の利用が目立ち、30代では4人に1人がユーザーという。

レシピ情報は今やどこでも手に入る中、何故このような人気を博したのか?
運営は? 収益構造は?

意外にも男性には知られていないこのサイトの秘密に迫り、
新しいビジネスのあり方を探る



【読書メモ】

・仕事への「こだわり力」を学ぶべし

・ネットサービスにかかわる人は一度は読んだ方がいい

・、、、気がします

・ビジネスモデルのケーススタディ書

・実は、社内の仕組みつくりも学べるのだ!

・クックパッド観てると腹減ってくる

・あ、ごはん食べ忘れてた

・ぐーぐー


【まとめ】



①プロの仕事はロジックがあるかどうか


大事なことは、ちきんとロジックがあること



◆デザイナーとアーティストはまったく違う

ロジックがあるのがデザイナー

導線の取り方や視線の取り方
なぜこのドアはこっちに開くべきなのか

ロジックのないアーティストには僕は全く興味がない





②徹底的な分析


膨大なアクセスログを徹底的に分析する

そこから答えを導き出す



「ウォークウェイ」

→ユーザーの動きを可視化するシステムを開発



◆文字数によってクリック率が変わる


ユーザーはそれ多くの情報を一度に受け取れない


13文字を超えると可読性が下がり
24文字を超えるとさらに可読性が下がる

だからクックパッドでは8文字から13文字で伝える


1広告1メッセージ

メッセージが多すぎればクリックされない



◆印刷率がバロメーター


重要視していたユーザーの行動

印刷率

欲しい情報が手に入った可能性高い

そのレシピを実際に使おうとしたということ


※データの向こう側のユーザーの反応を想像する力



◆説明が必要なサービスはレベルが低い


優れたモノは無言語


「材料」と書いてある所に、
「材料を書いてください」とは決して書かない


安易に消費者に行動を求めたり
マニュアルをご参照ください
FAQをご覧くださいというのは僕は大嫌い






③人が見えなくなってはいけない


インターネットのサービスで注意しないといけないのは
人が見えなくなることだ


クックパッドのユーザー600万人
超満員になった国立競技場100個分

それを塊として認識しては危険

1人ひとりのユーザーといかに信頼関係を築くか

誰にサービスを提供していて
誰に喜んでもらいたいか

それを絶対忘れないこと





-----------------------------------------------


◆消費者は安いものだけを求めているわけではない

スーパー

買い物の現場は値段の提供だけになっている

安いチーズより高いチーズを使った方が
サンドイッチは美味しくできる

そういうメッセージはあまりない

高いものを買う理由がそこにはない



◆インターネットのテクノロジーは1%も生かされていない

これからもっともっと生活のなかに浸透していく


◆日本の食は世界に誇れる


◆起業

起業した先輩のアドバイス

「就職して、社会の基本を学んでから起業した方がいい」

「就職なんてもったいないから、早く起業した方がいい」

意見は真っ二つに割れた

つまり、どちらを選んでも確率は同じ

しかし就職を選ぶ人が圧倒的に多い

ならばいきなり起業するほうに
大きなチャンスがあるのではと思った



◆経営力


人を集めるのに
給料上げるのは一番ラクチン

プレゼント上げますと言っているのと同じだから

経営者として1円をより高くうまく使えることが重要

決められたお金でどれだけ利益を生み出せるか

それこそ経営力