横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

『利益を3倍にするたった5つの方法』 成城石井社長・大久保恒夫

『利益を3倍にするたった5つの方法』

 成城石井社長・大久保恒夫



利益を3倍にするたった5つの方法―儲かる会社が実践している!/大久保 恒夫

¥1,365
Amazon.co.jp



イトーヨーカ堂で鈴木敏文会長の薫陶を受け、

無印良品、ユニクロ、ドラッグイレブンを建て直し、

成城石井で指揮を執る「経営のプロ」が、

企業再生の奥義を公開


【読書感想文】

・数字をベースに考える重要性を改めて学ぶ

・情報から何を読み取り、どう行動を起こすか

・消費者心理を知るものが、ビジネスを制する

・現場に業績を上げるヒントが眠っている

・利益は増やせる、知恵を出せば

・まじめな感想ですみません




【まとめ】


①業績の差を生む要因


経営者が考えた仕組みを実行できる組織になっているか



◆情報化社会

→各社の戦略にそんなに差はない


実行力・徹底力・スピードの差



◆経営に魔法の杖はない

基本の徹底

当たり前のことを当たり前にやるしかない





②打ち手につながる数字だけを見る


具体的な作戦を立てるための数字だけを見る


経営者が考える重要な数値がよくなっているか
一目でわかるシステムを開発する


毎日見る数字:売上、粗利

週次で見る数字:在庫

月次で見る数字:営業利益


皆で同じ数字を見る
全員が同じ指標を見て、仕事上の判断をする


データの見方で重要なのは予算比で見ること
達成度



③上位10%の仕事に集中する


・上位10%やる 

  →タスクを全部やったときと比較しても半分の成果が出る

・優先順位下位の成果の上がらない仕事をやりたがる

  →重要なこと残る


・「やったほうがいいこと」はやってはいけない

・残業がダメな理由

 →9~10時までに終わらせればいいと、重要なことを後回しする癖がつく





【目次】

1、経営と現場が一体となってお客様の満足を実現する

2、仕事を通して現場の人を成長させる

3、重要なことに絞りこんですぐやる

4、売れる商品を価格を下げないで売り込む

5、今までのやり方をやめて、構造的に改革する




【メモ】


◆会社を変えるには、大多数の60%を動かすことだ。

もし60%の人が動いてくれれば、
優秀な20%の人と合わせて80%の人が動く。

そのとき初めて会社は大きく変わっていく。



◆マンネリを恐れず、できるまで徹底していく


基本的なことは、新しいことをするより、
同じことを延々と継続していくことが大切



◆現場の人間が努力しない限り、会社の売り上げは上がらない


◆仕事とはコミュニケーションすること


◆コミュニケーションとは相手の行動を変えること


◆チラシで利益を上げるセールステクニック

「想起購買」

店の入り口にチラシの商品を積んでおく

消費者はチラシの内容はお店にくるころには忘れている


◆現場の改善は、細かいことの積み重ね


◆人件費はコストではなく、人が企業価値を上げる