横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

『中卒の組立工、NYの億万長者になる』 大根田勝美

『中卒の組立工、NYの億万長者になる』 

大根田勝美



中卒の組立工、NYの億万長者になる。/大根田 勝美

¥1,470
Amazon.co.jp



長野県の工場で汗まみれになって働いた中卒入社の組立工が、
アメリカに渡り、誰もが羨む資産家に成り上がる。

噂では、資産総額は100億円に上るという。

そんな「夢物語」が本当にありうるのだろうか。

ありうるとするなら、一体どうすれば実現できるのか。

これから始まるのは、大根田勝美という人物の
波瀾に満ちた人生のドラマだ。

それは、現代日本人が渇望してやまない「成功をつかむための法則」
であり、「誰でも億万長者になれる究極の教え」に他ならない



【読書感想】

・血が沸騰する感覚を覚える

・勇気をもらえる一冊

・自分の問題などなんてちっぽけなんだろう

・小倉昌男さんの『経営学』、レイクロック『成功はゴミ箱のなかに』
 ばりにインスパイアされた

・ビジネスをやるならやっぱり世界で勝負したい




【まとめ】


①成功を収めるために、天才である必要はない


普通に思いつくようなことは
大抵やりつくされている

普通の人と同じことをやっていたのでは
いつまでたっても活路は拓けない

成功を収めるためには
これまで見落とされていたことに目を向け
他の人が思いつかなかったアイデアを
実践しなければならない

求められるのは、

常に問題意識を持ち
必死で頭を働かせ
目の前で起きている現象に注目し続ける

という地道な作業


真の天才と呼べる人は
世の中にほんの一握りしかいない

だが成功を収める人はたくさんいる

それはなぜか

不断の努力を怠らなかったからだ




②太く、長く、徹底的に

何かを自分のものにするには集中と徹底が必要


喩えていうなら100m走のスピードでフルマラソンをする

ここまでして初めて
新しい知識や技術は血となり肉となる

「太く長く」は極論かもしれない

でも、「細く長く」では状況は一気に打開できない


集中的に、徹底的に物事に取り組んでこそ
運命は拓けていく



③完璧なAtoZを目指せ

いい仕事をしようと思うなら
AからZまですべてのプロセスを完全に把握し
常にコントロールしていかなければならない

そうしなければ軌道修正もすぐにできない

自分のもとに上がってくる情報の真偽も判断できない

的確な判断もできなくなる



◆営業

相手にメリットのない取引はしない

長期的な関係を築くことが第一



◆嫉妬の怖さを知る

ものごとが順調に進んでいるときほど
人の妬みを買う行動は慎む


◆とにかくメモを取れ

小さな情報を粗末に扱うのは
成功への手掛かりを無駄に捨ててしまうのと同じ


◆補えあえるパートナーを持て

1人の人間にできることには限界がある


◆「求めよ、さらば与えられん」

必死にもがき続けていれば
ひょんな拍子に壁を超えるチャンスに巡り合う


◆「生き金」と「死に金」

成功を収めようとするなら
絶対に身銭を惜しんではならない


マチダ・アメリカがペンタックスに買収されたとき
パートナーのペル氏に買収代金を折半した
(株式比率上は12.5%でよかったにも関わらず)


◆ビジネスの立ち上げ

出費を最小限に抑えるのが鉄則


◆カタログ

機能だけを謳えばいいものではない

どんな特長があるのか

従来の製品や競合商品とどう違うのか

メリット

わかりやすく

かつ見た目の美しさやインパクトに気を遣いながら
魅力を訴求していくことが求められる



◆パートナーへの感謝

本当に大事な相手には真心を尽くして
その労に報いなければいけない

自分にない能力や特長を持っているパートナーを
大事にすることは「チャンス」の神様を振り向かせることにもつながっていく

感謝の気持ちは具体的にかたちで表わさなければ伝わらない


◆会社は経営するものではなく、売るもの

アイデアのある人がベンチャーを立ち上げ
大手資本が買い取るというシステム



◆ビジネスの大きな可能性

内視鏡にかぎらず医療機械は一度売れば終わり

なんらかの付属品を交換することが前提なら
継続的なセールスが見込める

◆努力と挑戦は必ず報われる


 

中卒の組立工、NYの億万長者になる。 (角川文庫)

中卒の組立工、NYの億万長者になる。 (角川文庫)