横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

【「たまっごち」の生みの親】 横井社長 「発想法の秘伝」

この夏期休暇中にお会いした
経営者の方・ビジネスパーソンの方々から学んだことをまとめます


株式会社ウィズ
横井昭裕社長


$『人生一生勉強。すべて勉強』



世界で最も売れた玩具「たまっごち」の生みの親

「発想法の秘伝」






プロフェッショナル 仕事の流儀 玩具企画開発者 横井昭裕の仕事 ヒットの秘密は“トゲ”にあり .../出演者不明

¥3,675
Amazon.co.jp



当時セガと合併、倒産の危機が迫っていたバンダイ
たった2000万で世界的大ヒット商品を生み出し再建



宇宙は無から生まれた
ピンチはチャンス
何もなくなったところから夢が生まれる



企画は

「馬鹿じゃできない」
「利口じゃできない」
「中途半端じゃ、なおできない」





①表面をマネするのではなく、成功要因をマネする


●過去(=成功要因)を知り、今(=流行り)を知る


●過去の事例に、これからのヒットの要素がすべて詰まっている

→人間の感性はそれほど変わるものではない

過去に流行ったもの =人の心をつかむ要素を含んでいる



●らせんの法則 

→同じものが一定間隔を空けてヒットする、ただし時代を反映して形を変形した上で



●同じ業界にヒントはない 「玩具屋に、未来のおもちゃは置いていない」
 
→他業界にアイデアの種を求める



●「たまごっち」=「アクアゾーン」+「ゲーム&ウォッチ」+「へたうまブーム」


「アクアゾーン」 →当時流行っていた熱帯魚をPCでリアルタイムで飼うゲーム

「ゲーム&ウォッチ」→任天堂の大ヒット商品(ドンキーコングなど、手軽に持ち歩ける)

「へたうまブーム」→素人が描いたっぽい絵が流行っていた


→掛け合わせたものがたまごっち




●表面的な真似はダメ

・「ニューたまごウォッチ」
    
   →ただのパクリ


・「ファービー」

   →育成遊び+リアル(流行)+アニマトロニクス(過去にはやったおもちゃ)




②成功しても、失敗しても、分析を忘れない


自分なりに分析を重ね、

フレームワーク・セオリーを見つけ、

アイデアの成功率をハカれるようにする



■成功例の分析

「メンコ、ベーゴマ」
「ミニ四駆」

ともに大ヒット商品。

一見まったく異なる消費品だが、
分析していくと共通点が多数ある。

・安い
・コレクション性がある(=ステータス)
・勝負する面白さ
・改造できる
・子供同士のコミュニケーションツールとなっている


成功要因を抽出して、

フレームワーク化していけば、

成功に再現性が生まれる




■失敗の分析


占いゲームの場合 

・失敗商品 「アストロスター」

 →ネーミング、デザイン 男っぽい?のが失敗原因?

・改善 →「女の子っぽく」「ハート形」要素を取り入れる

「占いゲームは売れない」で終わっては、進展がない



軸(コンセプト)はぶらさずに

本当の失敗要因を探り当て

横展開する(切り口変える)





③「大きく損しないように」チャレンジする


・「新しいチャレンジはミカン箱の上からスタートしろ」

→机は使わないくらいのつもりじゃないと、新しいことは儲からない



・ピンチはチャンス

 →調子のいいときは誰もチャレンジしたがらない、
悪い時ほどマイノリティーにチャンスがある






◎希少性は欲求を生む
 
 →白たまごっち (事前調査で一番評価が低かったため生産数が少なかった)


◎いいモノ、いいアイデアが必ずしも陽の目をみるわけではない

・アイデアを形にする技術、ビジネス力が必要
・「人を知る」ことが重要 →自社人材の適材適所、クライアントの好み


◎粘り腰

一度や二度否定されたからといって引きさがるな


◎アイデアは訓練、磨ける

・新聞を読んで5個アイデアを出す訓練を毎日やる
 →そのうち見た瞬間にアイデアが出るようになる

意識、右脳



-------------------------------------------------------


横井社長は写真は怖そうですが(失礼)

とても気さくでトークも面白いユーモア満載の方でした



プロフェッショナルとしての意識の高さには感銘



クリエイティブな人がいるのではなく

クリエイティブな習慣を持つ人、訓練をしている人がいるだけなのだ痛感



ふくろうを飼っているそうです

人とは違うこだわり・熱中できることを持とう