横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

『d-school』を訪問!デザイン思考で話題、スタンフォード大学の人気講座

『d-school』を訪問!デザイン思考で話題、スタンフォード大学の人気講座

f:id:hirokiyokoyama:20180510080952j:image

 

シリコンバレー滞在3日目後半は、スタンフォード大学の人気カリキュラムで『デザイン思考』で話題の『d-school』を訪問。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081020j:image

 

この『d-school(Hasso Plattner Instiute of Design)』は、世界的デザイン企業IDEAの創業者で、スタンフォード大学の教授でもあるデイヴィッド・ケリーが提唱した「デザイン思考」を教育する人気講座です。

 

d-schoolの紹介ムービー


d.school Bootcamp: The Student Experience

 

デザイン思考とは、クリエイティブなデザイナーの思考法を体系化し、普通のビジネスパーソンでもクリエイティブな発想ができる、新しいビジネスアイデアやソリューションをばんばん創り出せるようにした画期的なフレームワーク(デザインそのものを教えるわけではない)。

 

提唱者デイヴィッド・ケリー教授のTED『自分のクリエイティビティに自信を持つ方法』

 


How to build your creative confidence | David Kelley

 

書き起こしもありました(^^)

 ↓ ↓ ↓

logmi.jp

 

実はこの『d-school 』はドイツのIT企業SAP社が運営参画しているのですが(d-schoolの存在もSAPのシリコンバレー支社の方に教えてもらいました)、特に企業名が冠になっているわけでもありません。

 

www.sap.com

 

ドイツのお固い老舗IT企業であるSAPは一時期低迷期に陥っていたのですが、この「デザイン思考」を思い切って取り入れ、シリコンバレーを新規ビジネスやイノベーションの創造基地としたことで、劇的に復活(進化といった方がいいかも)を遂げたそうです。

 

digital-innovation-lab.jp

 

www.nikkei.com

 

現在はシリコンバレーで働きたい会社トップ10にランクイン、現地で4000人を雇用、最近は日本企業からもひっきりなしに訪れるんだとか。(GoogleやFacebookは真似できそうにないけど、日本と似たお固め系のSAPが変革できた事例なら自分たちも真似できるかも、と考えるらしい)

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081112j:image

 

世界的にも注目されているデザイン思考(Design Thinking)の発信源、聖地ともいえる場所です。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081132j:image

聖地のなかに入ると、なぜか車が・・・。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081203j:image

 クリエイティビティを高めるために違いない。うんそうだ。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081230j:image

スタジオの奥に授業の様子が見える・・・。

  

f:id:hirokiyokoyama:20180510081254j:image

授業が行われていました!(終わるタイミングでした)

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081310j:image

スクールのなかは、色彩豊かで「楽しい工房」といった雰囲気。 

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081400j:image

作業ブース?らしきスペースがたくさん。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081420j:image

 これは何に使うんだろう・・・。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081515j:image

別のスタジオでは「ハグエクササイズ」というのをやっていました。たのしそう(^^)

 

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081548j:image

 

そんな『d-school』の授業の特徴ですが、超ざっくり言うと

 

・デザイン思考をベースとしたアントレプレナーシップ教育が行われている

・科目を横断したカリキュラム構成(engineering,medicine,business,law...)

・産学連携が徹底されている

・地元パロアルトのTech企業や地域からリアルな課題が次々と持ち込まれる

・具体的な解決策、イノベーションを生み出し、最後はプロトタイプまで創る

 

というかんじだそうです。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081606j:image

 

これは入り口に置いてあったd-schoolのカタログの写真。創造性が溢れだしているかんじがする!

 

そこにいるだけでワクワクする素敵な空間でした。

 

d-schoolやデザイン思考に関する書籍はいくつか出ているので、ご興味のある方は読んでみるといいかもしれません(^^)

 

スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣

スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣

 

 

これは「デザイン思考のバイブル」と呼ばれている(らしい)一冊。 

デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 

図解してくれてありがとう。 

超図解「デザイン思考」でゼロから1をつくり出す

超図解「デザイン思考」でゼロから1をつくり出す

 

 

 マンガまでありがとう。

まんがでわかるデザイン思考

まんがでわかるデザイン思考

 

 

これはデザイン思考の提唱者、スタンフォード大学デイヴィット・ケリー教授の著者。

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

 

 

 d.schoolの10週間が90分の動画に凝縮 - デザイン思考のフリー教材

 

さらに『d-school』では、教材やプログラムをネット上でフリー公開もしています。

 

米スタンフォード大のd.schoolが、『The Virtual Crash Course in Design Thinking』(以下VCCDT)という教材をウェブ上に無料公開している(非営利目的であれば複製・配布も自由)

         ホームページに公開されている動画や、配布資料、ファシリテーションTIPSを用いる事によって、d.schoolの教えているデザイン思考の方法論を学習できるというものだ。動画を閲覧するだけで得られるものは多いが、企業や学校といった組織が活用することで、効果を発揮する。

VCCDTはまだプロトタイプらしく、参加者のフィードバックを積極的に集めている。ホームページでも述べられているが、デザインに関連する前提知識は必要ない(NO PREVIOUS DESIGN EXPERIENCE REQUIRED)

 

プロトタイプらしいですが、フリー教材ってすごい!

 

frad-jp.blogspot.jp

 

見学はほんの短い時間でしたが、さらに学んでみたいと思わせるスタンフォード大学のデザイン思考とd-schoolでした!

 

f:id:hirokiyokoyama:20180510081629j:image