横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

『混ぜる教育 - 立命館アジア太平洋大学APUの秘密』を読んでみた

九州・別府に誕生した、留学生50%の超グローバル大学が日本の未来の「お手本」になる!

混ぜる教育 

混ぜる教育

 

来月7/15に、九州別府にある立命館アジア太平洋大学オープンキャンパスを見学にいくので予習も兼ねて読みました。

 

以前、マーケティング勉強会に何度か登壇いただき、お世話になっていたライフネット生命元会長の出口治明さんが、この4月に学長に就任されたことでも話題になりました。

 

toyokeizai.net

 

APU自体が、世間的な知名度が高いのか低いのかいまいちわかりません(教育関係者には高いけど、世間一般には低い気がしています)が、

 

「学生も教員も50%は外国人(留学生)」

 

という特殊な環境(日本の大学としては)なので、実際にどんな雰囲気でどんな授業をしているのか、今から訪問が楽しみです(^^)

 

書籍には、立命館アジア太平洋大学の開学のストーリーから独自の教育プログラム、留学生の暮らしぶりまで綴られており読み応えがありました。

以下、ポイントだけご紹介します。

 

=================

 

全学生6000人の半分が80カ国から集まった外国人。

教員も半分が外国人。

授業は、日本語と英語の2本立て。

 

卒業する頃には、日本人学生も外国人学生も、日本語+英語+αのバイリンガルとなり、日本で世界で活躍する。

 

APUの成功の秘密。それは「混ぜる」ことにありました。

 

本書は大学案内本ではありません。日本社会や日本企業に欠けている、グローバリゼーションやダイバーシティをどうやったら実現できるのか、APUの成功をケーススタディにして学ぶ「混ぜる教育」の教科書です。

 

本書は1年以上に渡り、関係者100人以上にインタビューを行い、APUの「混ぜる教育」の秘密に迫ります。

 

=================

巻末には早くからAPUに注目してきた「ほぼ日」の糸井重里さんの解説がありましたが、こちらも面白かったです。

 

混ぜる教育

混ぜる教育