横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

米トランプ大統領、STEM教育に年間220億円拠出を指示

STEM教育に年間2億ドル(220億円)の補助金を出すよう教育省に指示、米トランプ大統領

f:id:hirokiyokoyama:20180612091010j:image

昨日(2018年6月11日)のWBSで、STEM教育の特集をしていました。

米国ではトランプ大統領が、全米のすべての子どもがSTEM教育を受けられるように、STEM教育に年間2億ドル(220億円)の補助金を出すよう教育省に指示を出したそうです。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180612091417j:image

ホワイトハウスを訪問する子供たち。

てか去年の9月だし。ほぼ1年前の話か。


f:id:hirokiyokoyama:20180612091338j:image

気合い入ってます、トランプ大統領。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180612091656j:image

米国の事例として「ハイテクノロジー高校」なる高校が紹介されていました。


f:id:hirokiyokoyama:20180612091414j:image

高校生がロボットをガンガン開発してます。

超実践的なカリキュラムに取り組んでいる様子。

 

しかも授業料は無料!!


f:id:hirokiyokoyama:20180612091335j:image

補助金でまかなっているらしいです。

先生ドヤ顔。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180612091719j:image

STEM教育のカリキュラムを学校の先生に教えるNPOまであるらしい。

 

「急にSTEM教育とな言われてもどーしたらいいのよ?!」

 

となっても心配無用とのこと。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180612091737j:image

文系理系で分けるのは今どき日本くらい、古くさいと語るすずかんさん。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180612091804j:image

日本のSTEM教育の事例で広尾学園が紹介されてました。この学校は確かに凄い。数年前に見学させてもらいましたが、衝撃を受けました。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180612091857j:image

界隈では有名な木村先生。広尾学園のサイエンスコースを牽引されています。


f:id:hirokiyokoyama:20180612091852j:image

文科省もいろいろ動こうとはしている様子。

 

f:id:hirokiyokoyama:20180612092636j:image

しかし、トランプさんのダイナミックさの前には霞みます。

日本のSTEM教育の予算ってどのくらいなんだろう??

 

調べていたら、アメリカのSTEM教育について、詳しい記事がありました。

   ↓  ↓  ↓

話題のSTEM(ステム)教育とは。米では数十億ドル規模の予算。対する日本は? | PreBell

 

オバマ元大統領のころから力を入れ始めたんですね。

 

アメリカの場合、STEM教育が本格化したのはオバマ大統領就任後です。年間で数十億ドルもの予算を使い、タブレットや教育・研究用の組み立て式ロボットを子どもの頃から触れさせたり、プログラミングの授業を加えたり、教科書の内容を現在の技術に即したものに変えるなどの施策を打っています。またプロトン・プリスクールという、3歳からSTEM教育が受けられる施設も造りました。

 

ちなみにインドもSTEM教育に力を入れているそうです。

 

インドもSTEM教育に力を注いでいます。2015年よりRashtriya Avishkar Abhiyanプロジェクトを開始。6歳から18歳までの子どもたちを対象に、科学分野で活躍できる人の育成を行っています。

 

日本で本格化するのはオリンピック終わってからくらいになりそうですね。

 

2016年4月、文部科学省は小学校でのプログラミング教育必修化を検討すると発表しました。しかしこれは2020年度からの新学習指導要領に盛り込むためのもの。日本でSTEM教育を受けるには少し先になりそうです。

 

アメリカとインド以外はわかりませんが、STEM教育に関しては遅れをとってしまっているのが現状のようです。何とか巻き返したいですね!