横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

83歳iPhoneアプリ開発者・若宮正子さんの講演を聴いてきた(Edvation×Summit 2018@紀尾井坂カンファレンス&麹町中学)

<無料>海外視察シリーズ第3弾!最先端リーダーシップ教育&イノベーション事例を報告!Android、Hubspot輩出のスタートアップ巨大集積施設「ケンブリッジ・イノベーションセンター(CIC)」、ハーバード大学、コロンビア大学、カナダ私立校、サービス業の最先端 等(オンライン参加有り) | Peatix

peatix.com

80歳でアプリ開発を始めた若宮正子さんが本音で語る「これからの教育イノベーション」とは?

f:id:hirokiyokoyama:20181105190512j:image

今日はデジタルハリウッド大学の佐藤昌宏教授が主催されている「Edvation×Summit 2018 麹町中学&紀尾井坂カンファレンス」に参加してきました。

海外からも著名なEdtechプレイヤーがゲストに呼ばれて開催されるビッグイベントです。

83歳iPhoneアプリ開発者・若宮正子さんの生プレゼン!

f:id:hirokiyokoyama:20181105190519j:image

丸1日参加していろいろな講演を聴いていたのですが、個人的に最もインパクトがあったのは、80歳を超えてiPhoneアプリ開発者として有名になった若宮正子さんのプレゼンでした。

メディアにもよく登場されているので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

toyokeizai.net

 

そもそも・・・!失礼ながら、83歳の人がパワポを使ってプレゼンすること自体が、正直イメージが湧かない・・・。一体どんなことを話されるのか、どんなプレゼンをされるのか、そんな興味もあって講演に参加しました。

 

講演テーマは「シニアのリカレント教育」について。

f:id:hirokiyokoyama:20181105234952j:image

リカレント教育とは「生涯学習」のこと。趣味というよりも働くことが前提にある学び直し。生涯、社会で活躍し続けるため、よりよく働くために役立つ実利、実益があるもの」を指します。

 

詳しくはこちらの記事を参照ください。

 ↓   ↓   ↓

president.jp

 

若宮さんは、内閣の「人生100年時代構想会議」の有識者メンバーにも名を連ねており、そんな流れもあっての講演テーマは「リカレント教育」に。

f:id:hirokiyokoyama:20181105234945j:image

イベント自体が「EdTech(Education×Technology)」のイベントだったので、シニアの学び直しは「遠隔授業」などの「EdTech」で、という話の流れになりました。

 

f:id:hirokiyokoyama:20181105190515j:image  

年齢や体力を考えると、通学は負担だし、遠隔授業などが適している、ということは、理屈ではその通りです。

 

f:id:hirokiyokoyama:20181106000042j:image

ただ、若宮さんがおっしゃったのは「シニア、高齢者が、いきなり遠隔授業だなんだと言われても、ついていけない人も大勢いる」ということ。

理想はTechnologyを活用して高齢者のリカレント教育を加速させよう、ですが、現実問題そうすんなりとはいかないもの。インフラの問題、デバイスの問題、ITリテラシーの問題、いろいろあります。

 

f:id:hirokiyokoyama:20181105191639j:image

リカレント教育のEdTech活用についての言及はほどほどに、話題が変わりました。

「出来ることからまずやる、が私の流儀」

とのことで、今日の講演をきっかけに、シニアが自学自習の習慣をつけるための「電子書籍を毎日読みましょうキャンペーン」を展開されるそうです。

IT慣れすることが、まず大事だよね、という趣旨。

あれこれウンチクを垂れる暇があったら「行動すべし!」を講演中に実践し出す若宮さん。熱いです。


f:id:hirokiyokoyama:20181105190717j:image

さらに、書籍を新たに出版するそうです!

若宮さんが得意とされている「Excel Art(エクセルアート)」の書籍みたいです。

シニア向けのEdTech書籍は、他にあるんでしょうか。

f:id:hirokiyokoyama:20181105190524j:image

そして、講演は「付録」(若宮さんの命名)に突入!笑

まずは、中国のICTライフ体験記。

中国の古都・西安を訪問したそうです。


f:id:hirokiyokoyama:20181105190732j:image

講演会にゲストスピーカーとして呼ばれたそうです。

すげー。


f:id:hirokiyokoyama:20181105190705j:image

西安は日本でいうと京都のような存在で、話題が中国内での「地方創生」的な話が出てきて面白かったとのこと。

 

さらに11月の終わりにマイアミで開催されるカンファレンスにもスピーカーとして招待されているそうです!


f:id:hirokiyokoyama:20181105190727j:image

これまたすげーー。 

 

f:id:hirokiyokoyama:20181105192915j:image

さらにさらに!園遊会にも招待されたそうで、天皇皇后両陛下にもお目見えになるとのこと。「平成最後の園遊会に招待されました🎶」とウキウキでした!


f:id:hirokiyokoyama:20181105190653j:image

最後に若宮さんがお話しされていたのが「決してアプリ開発者を目指していたのではなく、やりたいこと、興味を持ったことに挑戦したら、たまたまそれがアプリ開発でプログラミングが必要だっただけ」ということ。

これって、さらっと話されていましたが、とても重要な示唆が含まれているように思います。

シニアのリカレント教育の「方法」について議論を深めることも重要ですが、若宮さんのように、何歳になってもいろんなことに興味を持ち、ワクワク取り組めることなのではないかな、と。若宮さんは、その最高のロールモデルなのだと思いました。


f:id:hirokiyokoyama:20181105191123j:image

最後に記念撮影していただきました!

気持ちが若々しい!負けずに頑張ります〜(^^)

 

若宮正子さんのその他関連記事はこちらです

www.sankei.com

www.huffingtonpost.jp

toyokeizai.net

www.businessinsider.jp