横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

『世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ』を読んでみた

校舎がない。教師は「講義」も「テスト」もしない。全寮制なのに、授業はすべてオンライン。

世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ

世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ

 

ハーバードやスタンフォードを超えるエリート人材が、なぜこの「ありえない」大学に殺到するのか?

みなさん「ミネルバ大学」をご存知でしょうか?

ハーバードやスタンフォードを凌ぐ、世界中の超エリート人材がこぞって集まる「次世代のオンライン大学」です。

創立3年で生徒のクリエイティブ思考力が全米トップという実績を叩き出し、21世紀に必要な進化系の教育を提供する驚異のベンチャー大学として注目を浴びています。

 

その入試関門は突破率わずか2.8%の狭き門。

なぜ世界中から人材が集めるのか、ミネルバ大学の何が凄いのかを完全解説した本がこの『世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ』です。

 

特筆すべき特徴をまとめると、次の3つが挙げられます。

 

①世界7都市がキャンパス(全寮制)

固定のキャンパスや校舎はありません。

代わりに世界各地の都市を一定期間ごとに巡り、そのエリアに確保されて寮住まいとなります。

サンフランシスコ、ソウル、ベルリン、ブエノスアイレス、ロンドン、ハイデラバード(インド)、台北。まさに世界中がキャンパスです。

 

日本が選ばれなかった理由も書かれていましたが、いろいろと考えさせられるものがありました。

 

②講義は廃止、定期試験もない

知識の教授より知恵の育成を重視するミネルバ大学。

講義はすべてMOOC(オンライン講義配信)で代替。知識を覚えているかの従来型の試験もありません。

代わりの各地の都市の企業でのインターンなど、外部との提携、実地での活動を重視しています。

 

③アクティブラーニングフォーラム

最後に「アクティブラーニングフォーラム」。これがミネルバ大学のコアともいえる教育システムです。

オンライン上で教師と生徒をリアルタイムでつなぎ、リアルの教室と同じようにディスカッションができす。

 

裏にはAI解析が搭載され、生徒ごとの発言量や質までもが可視化されていきます。

そのデータを元に、教師によるフォローアップやフィードバックが徹底&個別最適化され、学生の飛躍的な思考力アップにつながっていく、という仕組みです。

 

とにかく、ありとあらゆることが画期的なミネルバ大学。

このあいだ知り合った高校生も「ミネルバ大学に入りたい!」と熱望していました。

 

大学の未来形、今起きている教育革命を詳しく知りたい方は、ぜひご一読をおすすめします(^^)

 

世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ

世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ