横山弘毅のブログ Education & Marketing

教育イノベーションとマーケティングに関することを主に発信するブログです

【感想】『世界最高のチーム グーグル流「最小の人数」で「最大の成果」を生み出す方法』を読んでビビッときた5つのポイント

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法

 

「世界最高のチーム グーグル流 最小の人数で最高の成果を生み出す方法」を読んでみた

Googleのアジアパシフィックにおけるピープルディベロップメント、2014年からは、グローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍された、ピョートル・フェリクス・グジバチ氏(通称ピョーさん)の著書です。

 

チームの成果を左右する最大の要因は? 

グーグルが明らかにしたのは「心理的安全性」という結論だった。

心理的安全性とは「自分らしさを発揮しながらチームに参画できる」という実感のこと。

チーム内の心理的安全性を高め、成果に結びつける方法を解説。

 

本書の紹介文ですが、最近何かと話題の「心理的安全性」を中心に、グーグルのチーム構築メソッド、マネジャーの役割と心得について、こんなに内部のことを書いていいのかな、というくらい解説されています。

 

著書プロフィール

ピョートル・フェリクス・グジバチ氏

プロノイアグループ株式会社 代表取締役 モティファイ株式会社 CSO ポーランド生まれ。ドイツ、オランダ、アメリカで過ごした後、2000年に来日。ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年グーグルに入社。アジアパシフィックにおけるピープルディベロップメント、2014年からは、グローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。2015年に独立し、現在はプロノイアグループ株式会社とモティファイ株式会社の2社を経営。

 

www.advertimes.com

 

ピョーさんのtwitter

ピョートル Piotr Feliks Grzywacz (@piotrgrzywacz) | Twitter

 

 

「心理的安全性」「OKR(オーケーアール)」「コーチング(会話)」が大きな軸

本書のコアな内容としては「心理的安全性」と、これまた最近話題の「OKR(オーケーアール)」についてだと思います。

加えて「コーチング」のシーンがたくさん登場します。会話による組織(チーム)の構築、というのも大きな軸だと思います。

 

そのコアな中身は本書に譲るとして、個人的に学びどころが満載だったので、ビビっときた(古い?)ポイントを5つだけピックして、メモを記載したいと思います。

 

Google流 最高のチームの作り方!ビビっときた5つのポイント

 

①ホウレンソウはやりすぎでちょうどいい

意外なことだが、グーグルではオーバーコミュニケーションが大切にされている

マネジャーのもとに膨大な報告、情報共有が届く(見るかどうかはマネジャーが取捨選択できる)


②スペニッツ

毎週金曜日に各メンバーが達成したこと来週することリストのスペニット(報告ドキュメント)を格納する

全世界共通で見られる

グローバルに成果をアピールできる

メンバーもやる気になるし、新しいプロジェクトのフォロワー(応援者)も増える

 

③ポートフォリオマネジャーになれ

プレイングマネジャーは間違い、ポートフォリオマネジャーでなければ、業務プロセスを大胆に見直し、大きく生産性は向上させられない

 

④ディズニー・ストラテジー

有名な戦略(らしい)

チーム内でもこの役割分担をつくる

1.ドリーマー(夢想家)

  ブレスト、制限かけずにアイデアを広げる

2.リアリスト(現実主義者)

  実行可能なプラン策定

3.クリティック(批評家)

  ネガティブ要素を建設的に洗い出あう

 

⑤リーダーシップで大事なのは「リード・バイ・エグザンプル」

前例を作って自分が手本になっていく

そうでないとフォロワーはついてこない

ファーストペンギンになる

 

キーワードの列挙なので、わかりづらいかもですが悪しからず。

本書自体が「それはグーグルだからできるんですよね?ってよく言われるけどそんなことない!!!!」という入り口から入っているので、実務的なヒントが満載だと思います。

 

本書に登場する「Googleのマネジャーに求められる8つの役割」も、組織の生産性を高め、イノベーションを生み出していく、パフォーマンスを上げていくためのヒントが込められていると思います。

 

会社を成長させたい経営層の方、マネジャー(管理職)の方、組織やチーム作りにお悩みの方、Googleの組織構築メソッドに興味がある方はぜひ読んでみてください(^。^)

 

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法